2024年 2月23日 金曜日

【パラダイム出版】新刊2023年5月31日

レーベルタイトル著者絵原作ぷちぱら文庫ヤンデレな魔女三姉妹に死ぬほど愛し尽くされる異世界性活遊真一希saxasaNornぷちぱら文庫清楚系双子アイドルの裏事情 ~俺だけが知る淫らな二人~モーリーうま...

【美少女文庫】清楚エロエロ姉を策謀家マゾ妹と一緒に堕とすガチ恋調教バージンロード(フランス書院)

私たち変態姉妹なの♡ 二人とも幸せに堕として♡清楚大和撫子で実はドスケベな姉・桜月。変人電波系でマゾな策謀家、妹・胡桃。「私をセックスフレンドにしてエロエロお姉ちゃんを一緒に堕とそ♡」トンデモ淫謀か...

「竹書房官能文庫フェア2023」 レーベルでもっとも売れた8作品

 2022年に発売された竹書房官能文庫で、もっとも売れた8作品をセレクトした「竹書房官能文庫フェア2023」が開催中だ。 選ばれたタイトルは『ご近所ゆうわく妻』『美母と美姉妹・誘惑の家』『お...

【10話】騎乗位の浮気セックス 本心の吐露〈下〉(♥︎)

NOVEL亡国の女王セラフィーナ【10話】騎乗位の浮気セックス 本心の吐露〈下〉(♥︎)

 時間は、ほんの少し遡る。

 待機室に通されたリンジーとロレンシア。女官から入室の許可が下りるまで、二人は大人しく待っていた。

 しばらくすると、肌がぶつかり合う肉音、色っぽい女の嬌声が聞こえてきた。そのとき、隣の寝室でベルゼフリートとセラフィーナの騎乗位セックスが始まっていた。

 寝室の窓は開いている。そのせいで、セラフィーナの甲高い喘ぎ声が隣室に漏れていたのであった。

「あの⋯⋯この声って⋯⋯」

「入室の許可が下りないのは、お楽しみの最中だから。そういうことだったようです。もうしばらく、この部屋で待つ必要がありそうです」

 帝国との戦争に敗北し、リュート王子が処刑された今。白月王城で真っ昼間から情交に耽る者はたった一人、それは皇帝ベルゼフリートだ。

 ——ならば、皇帝の相手を務めているのは誰であろうか? 

 一緒に連れてきた女官が相手している。そうに違いないのだとロレンシアは信じたかった。けれど、女王の寝室で一夜を過ごした皇帝が、わざわざ別の女に呼ぶだろうか。

(おのれ帝国め⋯⋯! セラフィーナ陛下を⋯⋯っ!)

 主君の心痛は計り知れない。

 息子を殺されて絶望している女王に対して、新しい子を産めと強要する。惨すぎる仕打ちだ。

「ロレンシアさん。くれぐれも早まった真似はしないように⋯⋯」

「ですが、リンジーさん⋯⋯!」

「リュート殿下と違って、セラフィーナ陛下は殺されません。メガラニカ帝国は女王の産み落とす子供を欲している。出産するまでは大切に扱うでしょう」

「くっ⋯⋯!」

 18歳のロレンシアは処刑されたリュート王子と年齢が近く、親交があった。王子の年齢は16歳。既に忘れ去られた話だが、リュート王子とロレンシアの縁談が一時は話題となった。

 心優しいセラフィーナ女王は、ロレンシアに幼馴染みの許婚がいると知って、その縁談話を止めてくれた。

 リュート王子もロレンシアの事情を知り、母親の決断に不満は言わなかった。しかし、縁談が流れた夜、リュート王子の枕が濡れていたとの噂が囁かれた。

 ロレンシアも多少の負い目は感じていた。まさかリュート王子が、そこまで自分を好いていたと知らなかったのだ。

 幼馴染みのレンソンを愛していたので、縁談を流してくれたセラフィーナには感謝している。けれど、リュート王子が公開処刑された日を思うと、ロレンシアは胸が苦しくなった。

「準備はできていません。⋯⋯しかし、お通しします」

 待合室に入ってきた女官は、ハスキーの言葉を伝えた。リンジーとロレンシアは顔を見合わせる。

「部屋に入ってからはお静かに。気付かれると、セラフィーナ女王が動揺されてしまいます」

 嬌声が止まぬうちに入室を許された。女官に案内でロレンシアは、寝室の扉を開ける。

「——なっ!」

 寝台の上でセックスに興じる女王の姿があった。爆乳を荒ぶらせながら、甘い声で啼いている。

 ロレンシアは絶句した。強引に犯されているどころか、皇帝の身体に跨がった女王が、自分から尻を振っていたのだ。

「んあ♥︎ ふぅ、んふぅ⋯⋯っ! だぁ⋯⋯ああっ♥︎ おおっうぅ⋯⋯♥︎ んぁぅうだ⋯ぁあっめぇ⋯っ♥︎ おっおっくぅうぅにぃい⋯⋯♥︎」

 気高さの象徴であった黄金髪の女王は、淫婦のように乱れている。愛液を滴らせながら、男根へ尻を打ち付け、男根を貪り食らう。

(あれが⋯⋯セラフィーナ女王陛下だというの⋯⋯?)

 ロレンシアの疑いたくなる気持ちは理解できる。

 劣情とまったく無縁に思えた国母セラフィーナの淫猥な姿。女騎士ロレンシアは、女王セラフィーナのあられもない絶頂を目撃してしまった。

 ベルゼフリートは、セラフィーナの巨大な乳房を揉みしだき、陰茎で子宮を押し上げる。

 騎乗するセラフィーナは尻を降ろし、男性器と女性器の結びつきが強まった。睾丸がピクピクと痙攣し、女王の膣内に向けて精子が放たれようとしていた。

「——あっ、もうむり⋯⋯っ! 出すっ! 出ちゃうっ!」

「だめぇ⋯⋯お待ちなさ⋯⋯外に出しなぁっ、んぁああっ、ゅぅあああぁぁああんぁーーーっ♥︎」

 恍惚の表情を浮かべるセラフィーナに対し、ロレンシアはほんの少しだけ不信感を覚えた。

 相手はアルテナ王国を侵略した憎きメガラニカ帝国の皇帝。講和条約の調印式で、ベルゼフリートを非難したのは昨日の出来事だ。

 祖国を踏み躙られ、家族を殺された女王は、侵略者の子胤を胎で受け止める。強引に犯されるのではなく、己の意思で尻を振り下ろしていた。

「皇帝は房事に長けているようです。初心な女王陛下が弄ばれるのは致し方ないことかと」

 リンジーはセラフィーナに同情しつつも、ベルゼフリートの性技を小声で褒め称えた。

 皇帝は40人超を超える妃とセックスしている。色事に疎い36歳の女王を手玉にとるのは容易であった。

 ロレンシアは恐怖心を抱く。セラフィーナ女王の女陰に突き刺さる極太の陰茎。夫のレンソンよりはるかに大きく、幼い少年が持つには凶悪すぎる形態であった。

「ところでさ、さっきから見てるその人達って誰⋯⋯?」

 ベルゼフリートは寝室に入り込んだ来訪者の存在に気付いた。

 セラフィーナは振り返る。リンジーとロレンシアは顔を伏せた。浮気現場を押さえられた人妻は、絶望の顔を浮かべ、震える唇で呻いた。

 ◇ ◇ ◇

 セラフィーナの精神は限界を迎えた。

 むしろ、今までよく耐えたほうだった。国境線の戦いでガイゼフが大敗したとき、彼女の心は折れかけた。幸いにもガイゼフは辺境に逃げ延び、軍を再編していると聞いて、なんとか精神を立て直した。

 息子が吊されたとき、娘と一緒に逃がしてやればよかったと何度も後悔した。

 セラフィーナは夫と再会できる日を信じて、悲しみに耐えた。

「だいじょうぶ? えっと、もう終わりでいいよ?」

 最初にセラフィーナの異変に気付いたのはベルゼフリートだった。

 セラフィーナは憔悴しきった瞳で、身体を小刻みに震わせている。怪訝に思いながらも、ベルゼフリートは膣口から陰茎を引き抜こうとした。そのときだった。

「おえぇぇえ⋯⋯っ」

「え、うそ! ちょ、まっ!」

 胃液が逆流し、セラフィーナの口から吐瀉物が飛び出した。

 セラフィーナはほとんど何も食べてなかったので、内容物は胃液だけだった。真下にいたベルゼフリートは、吐き出したゲロを頭から被ってしまった。

「ううっ⋯⋯げほっ! うぅぐっ⋯⋯!」

「⋯⋯⋯⋯。吐くなら⋯⋯せめて⋯⋯僕にかけないでほしかった⋯⋯。まあ、でも⋯⋯しょうがないか⋯⋯。ねえ、誰か手拭いとか持ってきてくれない?」

 たとえ美女のものであっても、薄茶色の吐瀉物は不快だ。酸っぱい臭いが鼻を刺激する。慌てて駆け寄ってきたハスキーが、ハンカチで拭ってくれた。

 セラフィーナの嘔吐は、過度なストレスによるものだ。昨夜のセックスで、自身すら知らぬうちにセラフィーナは妊娠していた。けれど、妊娠の症状が現れるのは、まだ先のことだ。

「申し訳ありません、皇帝陛下! まさかこのような事態になるとは⋯⋯」

「あーいいよ、これくらいで。ハスキーのメイド服にまで匂いがついちゃうよ。お風呂で落としたほうが早いでしょ」

 嗚咽し、泣きじゃくる女王セラフィーナを残し、皇帝ベルゼフリートはベッドから降りる。白色の髪に染みこんだ胃液は強烈な匂いを放ち、淫臭を上書きする。胃の中に固形物がなかったのは、不幸中の幸いだった。

 ベルゼフリートはロレンシアの前を通る。先ほどまで敵意を向けていた憎き皇帝だった、しかし、今は吐瀉物を頭から被った可哀想な少年だった。

「セラフィーナの従者になるんだよね。後宮は基本的に安全なところだけど、影響力を持つ妃や女官に歯向かったら、酷い目に遭うから気をつけて⋯⋯。エグい嫌がらせとかもあるんだ。皇帝の僕すら二次被害をくらう。ほんと、やばいときもあるから⋯⋯」

「え⋯⋯。あ、はい⋯⋯」

 皇帝から親切な助言を賜ったのに、ロレンシアは間抜けな返事をしてしまった。

「恐れながら皇帝陛下、私に発言をお許しいただけますか?」

 ハスキーすらも動転している好機。すかさずリンジーはベルゼフリートに許可を求めた。

「誰か知らないけどどーぞ。許可なんて求めなくても大丈夫だよ」

「ありがとうございます。私はセラフィーナ陛下にお仕えしている女官のリンジーと申します。まずは主君の無礼をお詫びさせてください」

「僕の自業自得だからいいよ。人のものに手を出したせいかな? 女王様は旦那さんを愛してるんだね。まあ、これは仕方ない。気にしてないよ」

「寛大なお心に感謝いたします。女王陛下ですが、精神的に混乱しております。ひとまずは私が女王陛下のお世話をしてもよろしいでしょうか?」

「⋯⋯それはやめたほうがいいね。女仙の世話ができるのは女仙だけだ。血酒を飲めば不老となれる。その代償として身体に穢れを宿す。まあ、触れ合わなければ大丈夫。話し相手になってあげるのはいいかもね」

 ベルゼフリートはハスキーを見つめる。

 今回の事態を引き起こした者がいるとすれば、それはセラフィーナに意地悪をしたハスキーになるだろう。

「話すくらいはいいんじゃない。そうだよね。ハスキー?」

「はい。御意のままに」

「それと約束は守ってね。僕を満足させたら、リュート王子の弔いを許可する。その約束があったから、セラフィーナは僕とのセックスで協力的になってくれた。約束は守らないとね。メガラニカ帝国で裏切りはもっとも重たい罪だ」

「本日中に軍務省を動かします。私の責任において必ず」

「うん。それならよし。さて、身体を綺麗にしないと、食事をする気も失せちゃうよ。お風呂で僕の汚れを落とすのもハスキーね」

「はい。喜んでお引き受けいたします」

「ただし、セックスはしないからね。女の子を虐めて泣かせたんだから、きちんと反省するように」


<<前へ  次へ>>

【CATEGORY】

TAG:

【人気記事】Most Popular Articles