2024年 2月22日 木曜日

【美少女文庫】うちの魔女さまは世界唯一の最強エルフのくせに、セックスを知らない(フランス書院)

手島 史詞(著/文)トモゼロ(イラスト)発行:フランス書院文庫判 縦150mm 横105mm 288ページ定価 760円+税うちの魔女さまがセックスしたがる→どうする?世界最強にして...

【美少女文庫】北欧ハーフの美少女幼馴染と腐れ縁を切るために初体験えっちをした件(フランス書院)

別れるため初体験してみた。→やっぱりキミが好き。北欧ハーフ美少女幼馴染・紗良。同日生まれ&家が隣という腐れ縁を絶つため気まずい初体験に挑戦!だが処女だけじゃない、オレは紗良の全部が欲しい。二...

【美少女文庫】宝クジで当たった十億円を困っていたオジサンにあげたら金髪清楚なお嬢様が婚約者になりました。(フランス書院)

Y.A(著/文)小森 くづゆ(イラスト)発行:フランス書院文庫判 縦150mm 横105mm 304ページ定価 800円+税エリカさんとのエッチの価値は――¥1,000,000,000...

【2話】魔王城での生活

NOVEL勇者母の魔物堕ち【2話】魔王城での生活

 魔王城で暮らす者の衣装は、地位や職種ごとに異なっている。

 人間がそうであるように、魔族も身に着けている衣服や装飾品で階級が分かる。

 ルミターニャも例外ではない。人間であろうと魔族社会で生きている以上、ルールに従って生活しなければならない。

 馬頭鬼族の当主であるオロバスに仕える性奉仕婦。それが魔王城に住むルミターニャの地位だ。

 性奉仕婦に相応しい格好と振る舞いを求められる。

 性奉仕婦は着ている衣服が一目瞭然だ。まず公然の場であったとしても恥部を隠してはならない。

 生殖器と肛門、乳房を晒す。

 ルミターニャであれば、股割れ穴ありのベビードールが普段着であった。胸部はオープンバストで乳房を露出させている。

 乳首にはニップルピアスを装着し、金鈴や宝石を垂らしていることもある。

 ピアスの役割は母乳止めだ。ルミターニャは改造によって乳汁を過剰分泌する体質となってしまった。乳首を刺し貫くピアスは、謂わば母乳瓶の栓であった。

「よかったじゃありませんか。私も戦争が終わることは今朝の新聞で知りましたよ」

 魔王がルミターニャの出産を視察した翌日、人類との停戦協定が正式発表された。魔王軍の大幹部だけでなく、一般の者達にも終戦の事実が公となった。

「魔王様の判断です。私如き、意見など言えません。戦争が始まってからは不景気でした。今後、魔王国の景気が好転すればと思いますよ」

「それはそうですね。やっぱり戦争はないほうがいいです」

 魔王城で4年間暮らせば、自然と知り合いができる。

 ルミターニャの話し相手は、首無しのデュラハンであった。頭部がないが、どこからともなく年老いた女性の声が聞こえてくる。

「もうちょっと削いでおきますか。ルミターニャさんの蹄は伸びるがの早い。若いから代謝が良いのでしょうね。私の干からびたアンデッドからすると、生き生きした身体は羨ましいです」

 デュラハンは鎌型蹄刀でルミターニャの蹄を削っていく。

 家畜の馬や牛がそうであるように、有蹄属の魔族は定期的に蹄鉄のメンテナンスを行う。

 馬頭鬼族は首無しデュラハンの装蹄師と契約を結び、蹄の爪切りと蹄鉄の交換を任せていた。

(靴を履かなくてもいいけれど、1カ月で蹄鉄の手入れをしないといけないのがちょっと大変ですね。牧場で馬を育てていたから知識はあったけれど、まさか私が家畜と同じような蹄鉄を付けることになるなんて⋯⋯)

 今でこそ馴れた。だが、最初は拷問をされている気分だった。刃物で足の先端を削り取られ、真っ赤に燃える熱々の蹄鉄を足裏に押し付けられる。

 蹄のツメは分厚く、神経が通っていないので火傷はしない。分かっていれば笑い飛ばせる。だが、知らなければ焼け焦げと立ち上る煙で、恐怖で顔が引きつる。

 なぜ炉で熱した蹄鉄を押し付けるのかと問われれば、理由は簡単だ。密着性を高めるために焼き付けをしている。

 故郷で牧場の娘だったルミターニャは馬や牛を飼っていたので装蹄の知識があった。

「ルミターニャさんは肝が据わっています。さすがは勇者の血を引く方ですね」

「故郷で牧場を営んでいたんです。家畜に蹄鉄を付ける光景は見慣れていました」

「そうでしたか。オロバス様は今でも焼き付けの際、顔を背けていますよ。もっと幼かったときは泣き出していたくらいです」

「この仕事を長くされているのですね」

「ええ。かれこれ853年です。デュラハンは長命ですが、私は長生きしているほうでしょうね」

 魔族は長命だ。種族にもよるが一般的に人間の10倍は生きる。そして成長が遅い。成年が100歳となっているのもそのせいだ。

「感慨深いものです。ほんの少し前に、お生まれになったオロバス様の当主就任をこの目で見るとは⋯⋯。あっ! デュラハンに目はないのですけどね?」

 デュラハン族ではお決まりのジョークらしい。ルミターニャも笑みを返しておく。愛想笑いではなく、親しい友人や知人に向けるのと同じ感情を抱いていた。

「オロバス様は立派に当主の仕事をされている。戦死されたアスバシール様や亡き奥方様もお喜びでしょう」

「以前から気になっていたのですが、貴方は勇者エニスクの母である私を憎いとは思わないのですか?」

「私は獣魔です。貴き魔族に仕えるのが良き獣魔であります。同胞を殺し回った勇者の生母であろうと、今のルミターニャさんはオロバス様に仕えている。ならば、我々は同胞です。その膨れた胎こそ証。昨日、魔王様の前でご出産されたのでしょう?」

「⋯⋯はい」

「ルミターニャさんはオロバス様のお子様を産んだ性奉仕婦。同じく高貴な魔族に仕える者同士、敵意を向けたりはしません」

「それがこちらの考え方らしいですね」

「不可思議でしょうか? その膨らんだ孕み腹は奉仕の結晶では? オロバス様のお子様を身籠もり、幾度もご出産された。種と畑が良かったのでしょうね。ルミターニャ様の獣魔が勇者に深い手傷を負わせたと聞き及んでいます。素晴らしい成果であり、誇るべき功績でありましょう」

「⋯⋯母親としての内心は複雑です。父親が違うとはいえ、どちらも私が産んだ子どもです。殺し合ってほしくはありません」

「そういうものですか⋯⋯。人間の尺度は、なかなかに奇怪ですな。さて、装蹄は終わりましたよ。歩いてみたり、飛び跳ねてみたりしてください。違和感があれば調整いたしましょう」

 両足の装蹄を終わらせたルミターニャは、歩いたり軽くジャンプしたりして調子を確認する。

 飛び跳ねると乳房とお腹がブルンっと揺れた。蹄に打ち込まれた蹄鉄で床を踏みしめる。かつて牧場で飼育していた馬たちも、こんな感じで地面を蹴っていたのを思い出す。

「問題なさそうです。ありがとうございました」

「いえいえ。ところで停戦協定が結ばれた後、まさかルミターニャ様はお帰りになるのですか?」

「捕虜交換で、故郷に帰らせていただけると聞いています。ですが、この姿では支障があるので、また身体を弄らないといけないのですけどね⋯⋯」

「支障⋯⋯? どこか身体の調子が悪いのですか? 大変ですね。人類は野蛮だから、ろくな医療技術がないのでしょう」

「あはははは」

 デュラハンの装蹄師は勘違いをしている。改造された肉体は健康面でいえば、文句なしだ。しかし、今の変わり果てた姿を故郷の人々に見せるわけにはいかない。

「いっそオロバス様や魔王様にお願いして、こちらに残られた方がよろしいのでは?」

「⋯⋯あちらに残してきた友人も多くいます。⋯⋯夫のお墓参りもしたいです」

 きっと故郷の村には殺された夫の墓がある。妻として弔いには行くべきだ。果たして今の自分に妻の資格あるのかは疑問だ。夫のことを想うと、罪悪感で心がキリキリと痛む。

「帰りたいとは思っているつもりです」

 弱々しい口調であった。ルミターニャの表情は曇っていた。

 それを聞いたデュラハンの反応は分からない。頭がないので、どんな表情をしているのかは不明だ。顔が分からないデュラハンの装蹄師は、ルミターニャにとって本音を明かせる最良の相談相手だった。

「ルミターニャさんの蹄鉄を付け替えるのは、再来月あたりが最後かもしれませんね。担当の装蹄師としては少し寂しい想いを抱きます。ルミターニャさんの蹄はとても美しい。名誉ある仕事をさせていただきました」

「ありがとうございました。2カ月くらいしたらまた来ますね。次もよろしくお願いします」

 価値観や生き方は違う。しかし、魔族にも人間と近しい感情がある。課せられた役目に誇りを抱いていることだ。だからこそ、性奴隷たるルミターニャに対しても敬意を向けてくれる。

 4年も魔王城で暮らし、ルミターニャはオロバスの子を産んだ。童貞だったオロバスにセックスの味を教えたのもルミターニャだ。

 もはや人間だからという理由で、ルミターニャを侮蔑する者はいない。それなりに居心地のよい環境となっていた。

 ◇ ◇ ◇

 真新しい蹄鉄を装着したルミターニャは大理石の床を進む。

 心地好い音が響く。

 馬の足は骨格からして人間と違う。筋肉もそうだ。靴を履いていたころの歩き方は忘れてしまった。爪にあたる分厚い蹄が靴となっている。

「こんにちは。ルミターニャさん」

 馬頭鬼族の大屋敷に帰ろうと、魔王城の大廊下を歩いている矢先、親しくしている知り合いが声をかけてきた。

「お久しぶりです。リックナさん。今日はお一人なのですか? 普段はご主人様とご一緒なのに珍しいですね」

「ええ。まあ。事情がありまして」

 リックナは女郎蜘蛛族の君主に仕える性奉仕夫であった。

 性奉仕をするのは、ルミターニャのような雌だけに限らない。族長が雌の未成年者なら、宛がわれる性奉仕者は雄となる。

 女郎蜘蛛族は雌だけで構成される種族だ。そのため性奴隷となる雄は、他の種族から選出される。性奉仕夫のリックナは人狼族の出身だった。

「実はご主人様に当ててしまったんです⋯⋯」

 性奉仕者の言う「当てる」とは懐妊の隠語だ。性奉仕者を単なる性処理道具を考え、妊娠を忌避する魔族もいた。

 一方で、馬頭鬼族においては避妊がまったく行われない。全ては魔族の考え方次第であった。

「それは⋯⋯。その⋯⋯。おめでとうと言うべきでしょうか?」

「出産経験は豊富なほうが良いと思います。しかし、ご主人様はボディラインの崩れを気にしておられるのです⋯⋯。ルミターニャさんもそうですが、妊娠されるとお腹が大きく膨れるでしょう?」

「ええ、普通は妊娠するとお腹が大きくなりますね。赤ちゃんが子宮で育ちますから」

「それを見られたくないと言っているんです。卵でお腹が太ってしまうので嫌だと⋯⋯。だから、大幹部会の会議にも参加しようとせず、臣下の者達は困り果てております」

「あらまあ⋯⋯。体型の変化は、恥ずかしいことではありません。お腹に健康な赤ちゃんがすくすく宿っている証拠です。それに、私はずっと膨らませたお腹を見せ回っていますよ?」

「オロバス様は子作りに熱心ですよね。ルミターニャさんも沢山のお子様を産めて誇らしいでしょう? 実をいうと私も内心はご主人様の懐妊を喜んでいます」

「ご主人様を愛されているのですね」

「はい。自分の存在価値です。お腹といえば、ルミターニャさんのお腹は普段より大きくなっていますが、出産のご予定はいつ頃で?」

「昨日、産んだばかりです。出産を終えているから子宮は空っぽです」

 ルミターニャが女性器を晒しているように、リックナも男性器を丸出しの格好だった。だが、全身に体毛が生えている人狼族なので、ルミターニャほど不埒には見えない。

「戦争が終わってしまうそうです。ルミターニャさんが産んだ子ども達は残念ですね。活躍の機会が無くなってしまった」

「私は嬉しいです。戦争が終わったなら、子ども達は安全ですから」

「はぁ⋯⋯? そう思われますか⋯⋯? せっかく偉大な戦士の子を産まれたのに? 勿体無い」

「私には不思議に感じます。魔族の方々は家族への深い愛があります。実際、オロバス様は父君であるアスバシール様を敬愛し、今でも懐かしんでいます。ところが、獣魔に対しては、慈愛を向けようとなさらない⋯⋯」

「それは当然です。獣魔とはそういうものです」

「そういうものなのですか⋯⋯」

「獣魔は高貴な魔族に仕え、生涯を捧げる。とても誇らしく名誉なことですよ?」

 奴隷と獣魔は似ているが決定的に異なる。奴隷は虐げられている場合がある。だが、獣魔は従っているだけで、虐待は受けていない。

 主人である魔族と従者たる獣魔は、互いの役割を受け入れ、協調しているのだ。働き蟻や働き蜂が、労働に疑問を持たないのと変わらない。ルミターニャはそう感じた。

 ◇ ◇ ◇

 馬頭鬼族の大屋敷に戻ったルミターニャは、オロバスのいる部屋へと向かう。朝昼晩の食事で母乳を捧げるのもルミターニャの仕事だった。

「あらあら? ルミターニャじゃないの」

 今日はよく話しかけられる日だった。馬頭鬼の邸内で、性奉仕婦のルミターニャを雑談相手として選ぶ者は少ない。

 

「なぜ屋敷の外に出ていたの? どうしてかしら?」

 馬頭鬼のテアリラがルミターニャの前に立ちはだかった。彼女は魔族であり、オロバスに仕える戦士長だ。即ち階級が上位の魔族。屋敷の女中とは別格の地位にいる。

 多くの獣魔を部下として従え、戦士団を統率する馬頭鬼族の懐刀である。

「蹄鉄の手入れをする必要がありました。外出許可はいただいております」

「そう。とても立派な自慢の蹄だものね。整形の作り物とはいえ、美しさを保つ努力をしているわけ?」

 ルミターニャの蹄は美しいと褒められ、それと同時に整形だと罵られる。人間には分からない美的価値観だが、馬頭鬼の社会における美女の基準は蹄の美しさだった。

「オロバス様から手入れを欠かしてはいけないと命じられています」

「あっそう。まあ、別にどうでもいいけど。性奉仕婦の仕事をちゃんとしてくれればね」

 武家の娘であるテアリラは、オロバスの正妻候補であった。馬頭鬼族の君主は未成年。今のところオロバスと肉体関係を持つ女は性奉仕婦のルミターニャだけだ。しかし、成年になれば正妻の選定が始まる。

「昨日は魔王様の前でオロバス様の子を何匹産んだの?」

 

 近付いてきたテアリラは、ルミターニャの女陰に指を突き刺した。

「はぅ♡ テアリラ様⋯⋯っ! やめっ⋯⋯そこは⋯⋯!!」

「答えなさいよ。赤ちゃんの数。この胎で何匹を産んだのかしら?」

「7匹です⋯⋯。んぁ♡ はぁん⋯⋯♡」

 ルミターニャが着ているベビードールは陰部を隠していない。くちゃくちゃと指先で膣穴を弄くり回される。

「誇らしいでしょうね。オロバス様のオチンポが挿入できるように、オマンコを拡張した苦労が報われたじゃない。私はルミターニャの胎を高く評価しているのよ? アンタが産んだ獣魔は私が教育してる。後ろにいる部下もアンタの息子たちよ」

 手マンをされるルミターニャは、直立不動の姿勢で立つ獣魔兵達に視線を移す。大刀を背負った5匹の屈強な馬頭鬼。筋骨隆々で、精悍な顔つきをしている。

「ヴァリエンテ家の血、あるいは人間の血が入っているからかしら。アンタが産んだ子どもは成長速度が著しいのよ。たった3年で育ってしまった。もう成体と変わらないわ。いい胎を持っていてよかったわね」

「はぁ♡ んぅ♡ あぎぃ! んぎぃぃぃいっ!?」

 テアリラは握り拳をルミターニャの膣穴に突っ込む。普段からオロバスの巨根をぶち込まれているので、難なく腕が膣内へと侵入した。

「戦争が終わるって聞いた? とっても残念よね。アンタが産んだ子どもで編成した獣魔戦士隊。たくさん訓練させたのよ? でも、活躍の場が消えてしまった。アンタが産んだ糞っ垂れの勇者エニスクを殺す機会も失われたわ」

「テアリラ様⋯⋯♡ 手をオマンコから抜いてください♡ お願いしま⋯⋯んぎぃあぁ⋯⋯♡」

「ちょっとしたスキンシップでしょ? そんな顔をしないでほしいわね。勘違いしないでね。私はアンタを気に入っている。だから、アンタも私の味方であってほしいのよ。性悪なビアンキみたいな奴に靡かないでちょうだい」

 懇願されたテアリラは拳を引き抜いた。愛液塗れとなった右腕をハンカチで拭う。

「はぁはぁ⋯⋯んぅ♡」

「良い締まり具合ね。オロバス様だってアンタのオマンコをきっと気に入っている。アンタの息子達だって私の部下。最高の戦士に仕立ててみせるわ。きっとアンタの息子達は、馬頭鬼族で名誉と尊敬を集める。戦士長の私が請け負ってあげる。だから、正妻選びのときは助力を期待してるわよ?」

「あ。その⋯⋯私⋯⋯帰る予定です」

「へ?」

「戦争が終わったら、捕虜交換が行われます。3カ月後に停戦協定が結ばれたとき、私はここを去ります。正妻選びの際、テアリラ様をお助けすることは難しそうです」

「は? 帰んの? マジで言ってる? アンタ?」

 ルミターニャはどう言い返すべきか迷う。帰郷の想いは抱いていた。だが、もっとも強く願っていたのは囚われてからの1年目。今は魔王城での暮らしに馴染んでいる。

「その身体で? 最悪、人間に殺されると思うけど⋯⋯?」

 戦士であるテアリラは最前線で人間と戦っていた経験がある。ルミターニャの故郷を襲った際、アスバシールと共に戦った女戦士。オロバスに父親の戦死を伝え、奪い取った戦果であるルミターニャを引き渡したのも彼女だ。

「身体は元通りに戻してもらう予定です⋯⋯」

「いやいや、冷静に考えてみ? その身体が元に戻る? 無理でしょ? どう考えても」

「ですよね⋯⋯。私もそんな気がしてます」

 テアリラは人間社会の知識がある。魔族の姿が人間からどう思われているかを知っていた。今のルミターニャが人類領に戻れば迫害されるのは明白だった。

「テアリラ様がオロバス様をお慕いしているのは、よく分かっています。ですが、おそらく私などよりもオロバス様ご本人が知っているはずです。私などの力を借りる必要は無いかと思います⋯⋯」

「正妻選びはそう単純なものじゃないの。それに私は私欲で動いてるわけじゃないわ。オロバス様の母君は難産で亡くなられてしまった。丈夫な身体の私なら出産で死ぬようなこともないでしょ」

 魔族の社会でも再婚は許される。しかし、妻の死に責任を感じたアスバシールは新たな正妻を探そうとせず、一人息子のオロバスを一人前に育てようとした。

「オロバス様の元に行かなければなりません。急ぎますので、失礼いたします」

「ねえ。帰るのなら、もうオロバス様のために獣魔は産まないの?」

「それは分かりません⋯⋯。ですが、昨晩は珍しく避妊いただきました」

「人間領にオロバス様以上の雄はいないわよ。名誉ある性奉仕婦の地位を得て、優秀な戦士を産んでいるのに。今の立場を捨てるのが、惜しいとは思わないの? アンタだって雌でしょ?」

「魔王様のご命令ですから」

「そう。なら仕方ないわね」

 ルミターニャは頭を下げ、廊下の先へと進もうとする。テアリラが従えている黒毛の馬頭鬼達は道を空けてくれた。血が繋がっているせいであろうか、ルミターニャは我が子を正確に判別できる。

(私と同じ深い黒の毛並み⋯⋯)

 オロバスは赤毛だが、ルミターニャは黒毛の子どもばかり産んだ。父親と同じ赤毛の容姿で生まれてきたのは、両手で数える程度しかいない。

「⋯⋯こんなに大きな傷? どうしたのですか?」

 足早に立ち去るつもりだった。だが、生々しい深傷が胸元に刻まれているのが目に留まる、ルミターニャは我が子に問いかけた。

「母上。名誉の負傷であります。勇者エニスクとの戦闘で負った傷です」

「……そう、そうだったのですね。貴方がエニスクと戦った私の息子⋯⋯。どうして兄弟で殺し合うのです? 勇者エニスクは貴方の兄なのですよ?」

「母上。たとえ同じ胎から生まれた兄弟でも父親が違います。我が父は偉大なる馬頭鬼族の君主オロバス様であります。我々が勇者エニスクを殺せば、母上を孕ませた雄として、オロバス様が優れていたと証明できるのです。子が優れているのは、親の血が優れているからであります」

「そんな⋯⋯!」

「我らは戦士です。死や痛みを恐れたりはしません。恐れるのは不名誉のみであります。しかし、戦争が終わるとなれば、勇者エニスクと戦う機会はなくなる。無念です。他の兄弟も同じ考えでありました」

 ルミターニャは大きな傷跡が残る我が子の胸板に手を当てる。刃物で切り裂かれた痛々しい痕跡。あと半歩、剣を振るった者が踏み込んでいれば、この息子は殺されていたに違いない。

(この子と戦ったエニスクも重傷を負った。きっと同じくらいの深手をおったに違いない⋯⋯。私はどうすればよかったのでしょうか⋯⋯)

 唇を噛む。兄と弟の殺し合い。母親であるルミターニャはそれを止められなかった。しかし、そもそもオロバスに産まされた子ども達は、エニスクと殺し合うために作った命だ。

「で? もうすぐ昼食の時間だけど? 急がなくていいのかしら? アンタのご立派な息子も困ってるわよ」

 テアリラに急かされて、ルミターニャは息子達に別れを告げる。

「母上。我々のことはお気になさらず。オロバス様のお側へ」

 ルミターニャの産んだ獣魔は、3歳程度でありながら知能も高い。肉体的な成長速度だけでなく、精神の成熟度も驚異的な速さであった。


ノクターンノベルズ連載

https://novel18.syosetu.com/n2383hu//


【CATEGORY】

【16話】真実の恋

【15話】裏切り

TAG:

【人気記事】Most Popular Articles