2024年 4月19日 金曜日

【二次元ドリームノベルズ】聖翔騎スフィアレイン ~恥辱のフタナリ相姦~(KTC)

小説:有機企画表紙・イラスト:れむ配信日:2023.05.26【電子書籍書き下ろし!】フタナリ肉体改造を受けた正義のヒロインに襲い来る恥辱のエロ勝負!公式サイトフ...

【美少女文庫】拝啓、天国の姉さん、勇者になった姪がエロすぎて──叔父さん、保護者とかそろそろ無理です(フランス書院)

LA軍(著/文)菊池 政治(イラスト)発行:フランス書院文庫判 縦150mm 横105mm 320ページ定価 800円+税勇者の姪がメスガキすぎて保護者なんて絶対無理!「雑魚・ 雑魚...

「竹書房官能文庫フェア2023」 レーベルでもっとも売れた8作品

 2022年に発売された竹書房官能文庫で、もっとも売れた8作品をセレクトした「竹書房官能文庫フェア2023」が開催中だ。 選ばれたタイトルは『ご近所ゆうわく妻』『美母と美姉妹・誘惑の家』『お...

【65話】変わり果てた母、変わらぬ娘

NOVEL亡国の女王セラフィーナ【65話】変わり果てた母、変わらぬ娘

 仮面舞踏会マスカレードのメインイベントは、男女が一対ペアとなって踊る社交ダンスだ。

 グラシエル大宮殿には帝国貴族の有力者が勢揃いしていた。帝国全土の地方貴族が集まり、名立たる名家、豪族が顔を並べている。しかし、後宮の住人である王妃や公妃の姿はなかった。

 妃達は天空城アースガルズに住む天上人。地上へ降り立つのは好まれない。

 後宮の女は一生涯を皇帝に捧げる。外との交流は最低限とする者が多く、親類との文通すらしない者がいる。

 勲章授与式に参列していた軍閥派の妃たちは、晩餐会の半ばで天空城アースガルズに帰還した。その理由をセラフィーナは身に染みて感じていた。

(……楽しげな祝宴ではあるけれど、帰る理由が分かりましたわ。時間が過ぎるのを待つだけで暇ですわ)

 戦勝トロフィーの扱いで連れ回されるセラフィーナは、ベルゼフリートの後ろに付き添っていた。しかし、皇后が臨席する場では席を外された。

 宮廷の頂点に君臨する三皇后、一方でセラフィーナは末席の愛妾。当然だがセラフィーナの扱いは三皇后に劣後する。

 曇った表情のセラフィーナを慮ったベルゼフリートは提案する。

「退屈ならロレンシアと一緒に温室御苑で休んでいなよ。人払いは済ませてある。ここよりはリラックスできると思うよ。もちろん、夜のお楽しみもセッティングしてある。時間が来たら迎えに行くからさ」

「ありがとうございます。陛下のお心遣いに感謝いたしますわ」

 貴族の見世物になるよりは、誰もいない場所で休んでいたかった。きっとロレンシアも同意してくれるだろうとセラフィーナは思った。

 ベルゼフリートが意味有り気に口走った「夜のお楽しみ」に心が弾む。頬はほんのりと赤みを帯びていた。

「温室御苑の場所は分かる? 案内に女官を付けるよ?」

「大丈夫ですわ。中庭に見えたあのガラス張りの建物ですわよね? 迷いようがありませんわ」

「本当に大丈夫? セラフィーナは公文書館で道に迷ってたから不安だなぁ……」

「心配は無用です。本当に大丈夫ですわ。なにせ、今回はロレンシアが一緒です。二人で陛下をお待ちしておりますわ」

 セラフィーナは一刻も早く、この場を立ち去りたかった。妖狐の仮面で素顔は隠している。しかし、面貌を仮面で覆い隠そうと、巨大な乳房と膨らんだ妊婦腹は誤魔化せない。さらに、猫又の仮面を被った赤毛の妊婦が傍らにいる。

 皇帝に付き添う妊婦二人は、アルテナ王国の女王と女騎士だと丸わかりなのだ。

 愛妾に堕ちたセラフィーナは、皇帝の女仙となっている。非礼な言葉を浴びせかける者はいなかった。しかし、嘲笑の貌と視線を向ける帝国貴族は多くいた。

 敗国の女王には聞こえない小声で、面白おかしく陰口を囁いている。

 セラフィーナとロレンシアへの侮蔑をベルゼフリートは快く思わない。だが、貴族を蹴散らす実力が幼い皇帝にはなかった。

 腹に宿る皇帝の御子が侮蔑の対象とばれば、女官達が窘めただろう。しかし、貴族階級の者達はそのあたりの造詣が深い。

 虎の尾を踏まない処世術は、貴族の常識だった。

(こうした雰囲気に慣れていないせいかしら? 帝国の社交界は居心地が悪いですわ。これなら、帝都の大通りで民衆の視線に晒されている方が気楽です)

 愉快な気持ちになろうはずがない。無惨に負けたアルテナ王家を貶め、屈辱を刻む口撃なのだ。しかし、セラフィーナにとって、もっとも耐えがたい精神的苦痛は別のことであった。

(あれは……ウィルヘルミナ宰相……。こっちに近付いてくる……。陛下も私に背を向けて手を振っているわ……)

 現れた皇后は主役の座を奪う。ウィルヘルミナはベルゼフリートを独占している。

 その様子を見せつけられたのだ。セラフィーナは自身を苛ませる感情を「醜い嫉妬」だと頑なに認めない。しかし、憤慨に酷似した泥々の怒気は、どす黒い妬みと表現するべきだ。

(ああ……、思い返せばガイゼフは私に一筋でしたわ⋯⋯。王婿の立場だから、アルテナ王家への遠慮もあったとは思うけれど。私にはもったいない良夫だったのでしょうね⋯⋯。それに比べ、ベルゼフリート陛下は⋯⋯。一夫多妻の皇帝だからといっても、周りに女性が多すぎますわ)

 ガイゼフとベルゼフリートは、正反対で対極の男だった。人間性の善し悪しを見れば、どちらが良い伴侶なのか迷うべくもない。だからこそ、かつてのセラフィーナはガイゼフを心から愛した。

 セラフィーナが抱くベルゼフリートへの感情は複雑怪奇だ。憎愛の混在は、セラフィーナ自身を酷く混乱させている。

 強姦された夜は今でも忘れていない。だが、熟れた淫穴はベルゼフリートの肉棒だけを愛するようになっていた。

 肉体はベルゼフリートの極太オチンポを求めている。もはやガイゼフとのセックスでは満足できない身体となった。それは否定できない半年での変化だ。

「――さあ。もう行きましょう。ロレンシア」

「はっ、はい! セラフィーナ様! お供いたします」

 セラフィーナはロレンシアを従えて、ダンスホールの会場を早足で駆けていった。ベルゼフリートに近づくウィルヘルミナを視界から逸らし、逃げるように消え去る。

 二人の妊婦は爆乳とボテ腹を揺らしながら、温室御苑に向かう。予期せぬ出来事が起ころうとしていた。

 待ち受けている意外な人物との邂逅。意図や策略は介在していない。アルテナ王家の母娘は、偶然の再会を遂げようとしていた。

 ◇ ◇ ◇

 温室御苑の熱帯植物園には、樹皮編みのチェアベッドが二つ並んでいる。ベルゼフリートは最初からセラフィーナとロレンシアを、この場所に避難させる腹積もりだったらしい。

(今夜は私とロレンシア、二人で性奉仕するのかしら……? 三皇后に邪魔されなければ……ということなのでしょうね。でも、今日はロレンシアが旅立つ日。きっと陛下は私たちを選んでくれますわ)

 ベルゼフリートとの逢瀬を妄想し、セラフィーナの身体は火照る。

 もし隣にロレンシアがいなければ、自慰に耽ってしまったかもしれない。股間の秘所が湿り、愛液で黒い下着が濡れる。

 四方を円形に囲む石英ガラスは、高い断熱効果を発揮している。日中に貯えた温熱を逃さず、日暮れ後も気温を維持していた。湿度は高く結露が肌にまとわりつく。蒸し風呂のような高温多湿の環境だ。

 セラフィーナとロレンシアは露出の多いの薄手のドレスを着ている。高温多湿の環境をそれほど不快と感じなかった。

「あら⋯⋯? どなたかしら?」

 魔術師らしき人物がセラフィーナにふらふらと近付いてくる。

 ベルゼフリートは人払いを済ませたと言っていた。女官ならメイド服を着ている。温室を管理している使用人だと思った。

「この施設の管理をされている魔術師さんかしら? 私たちはここで休んでよいと許しをもらっているわ。もしかしてお邪魔だった⋯⋯?」

「お母様⋯⋯っ! 私です! ヴィクトリカです!」

 それは思いがけない出会いだった。セラフィーナは死んだはずの実娘と予期せぬ形で再会する。

「そんな⋯⋯ヴィクトリカなの⋯⋯? どうして? 貴女は本当にヴィクトリカ……?」

 まず真っ先に浮かんだのは疑問だった。沸き起こる感情を処理できなかった。セラフィーナは口を開け、呆然と立ち尽くしていた。

 ロレンシアの反応もほとんど同じだ。王女の亡霊が現れたと思ってしまった。

 ヴィクトリカはセラフィーナの素肌に触れようとする。半年ぶりに再会した母。とても信じられなかった。だが、次の瞬間、眼前に現れたヴィクトリカが実在する人間だとセラフィーナは思い知る。

「きゃっ……!?」

 伸ばした指先がセラフィーナの皮膚に触れた。突然、電撃に似た激痛がヴィクトリカを襲った。

 セラフィーナ自身、初めて実感した。これこそ不老の女仙が身に宿す穢れの瘴気だ。血酒の仙薬を飲み、破壊者ルティヤの器である皇帝と交わった女は、拭い去れない穢れを身に宿す。

「えっ?  あぁ! 駄目よ! ヴィクトリカ……! 私の身体に触れてはいけませんわ」

 同じ穢れを身に纏う女仙か、元凶そのものである皇帝以外とは触れあえない。たとえ血の繋がった娘であってもだ。

「王女殿下……? 大丈夫ですか?」

 ロレンシアは尻餅をついたヴィクトリカの身を按じる。ロレンシアも穢れた女仙だ。けして、王女と接触しないように細心の注意を払った。

 セラフィーナとロレンシアは混乱していた。なぜヴィクトリカがいるのか、分かるはずがなかった。しかし、本物のヴィクトリカが現れたと、すぐに理解した。

「メガラニカ帝国はヴィクトリカが死んだと……。ヒュバルト伯爵に殺されたと聞いていましたわ。でも、生きていたのね。ヴィクトリカ! ああ……本当に……! 本当に良かったわ……!」

 娘の生存を知って、喜ばない母親はいない。頬を伝う涙は妖狐の仮面で隠れているが、この一瞬に限り、セラフィーナはかつての自分を取り戻していた。

「お母様とロレンシアに、どうやって私が逃げ延びたかを説明したら、とっても長い話になっちゃう。とんでもない大冒険をしてきたんだから! とにかく人がこないところに隠れましょう。こっちに! お母様! ロレンシア!」

「いいえ。ここから離れないほうがいいわ。しばらくの間、温室御苑には誰も来ないはずよ。事情を教えてほしいわ。一体何があったの? どうしてここに?」

 質問攻めしたいのはヴィクトリカのほうだった。

 母親だけでなく、親友のロレンシアの身体的変化。帝国に囚われた半年で、母親と親友は孕み腹の妊婦となってしまった。

 帝国の虜囚となった二人の身に起こった出来事は、生娘のヴィクトリカにも想像がついた。あえて語る必要はない。

 敬愛する母親の胎には、憎きメガラニカ皇帝の赤子が宿っているのだ。

(ロレンシアも変わってしまった。こんなに胸は大きくなかったし、肉々しい身体じゃなかった。もっとほっそりとしていた⋯⋯。いくら妊娠したからって、半年程度の時間で劇的に体格は変わらないわ……。きっと酷いことをされたに違いない……!)

 ロレンシアのバストは、セラフィーナの爆乳を凌駕するサイズに巨大化していた。膨らんだ妊婦腹の出っ張りが、垂れた乳房の重みを支えている。

 妊娠5カ月を迎えたセラフィーナは、乳房に張りが生じ始めた。出産に備え、身体が出来上がっている。薄手の白ドレスは、熟したボテ腹の曲線を如実に描き、淫猥かつ妖艶な体躯を際立たせる。

(可哀想なお母様⋯⋯! こんな姿はお父様に見せたくないわ。帝国から連れ出したら、お母様とロレンシアには、普通の身体に戻ってもらわないと……)

 二人の妊婦が醸し出す存在感は巨大だ。細身のヴィクトリカは自分が小さくなったかのように錯覚する。

 まずはヴィクトリカから事の次第を説明した。とんでもない無謀を繰り返し、メガラニカ帝国に入り込んだ冒険譚。ヴィクトリカは楽しげに語った。

 メガラニカ帝国軍からすれば、王女を取り逃がし続けた失態は滑稽極まり、まったく面白くない話だ。逃げ切ったロレンシアの立場だと、痛快かつ愉快で仕方がない。

 ヴィクトリカが話し終えると、次は セラフィーナとロレンシアの番だ。二人は妊娠するまでの経緯を語り始める。

「講和条約を結んだ日、私はベルゼフリート陛下に求婚されたの。その夜、寝室に皇帝陛下がやってきて……」

 ヴィクトリカを非常に不快にさせる内容だった。覚悟はしていた。自分の母親が父親以外の男に種付けされ、子を孕まされた生々しい体験談。ヴィクトリカの心は軋み、精神的な苦痛で肺が潰れそうだった。

「もう分かっているわよね? 私の子宮にいるはガイゼフの赤子じゃないわ。メガラニカ帝国の皇帝ベルゼフリート・メガラニカの子よ。ロレンシアは少し特殊だけど子胤は陛下よ。皇帝陛下の子を身籠もっているわ」

 セラフィーナはある事実に気付いている。しかし、ヴィクトリカは母の心が変貌していると分かっていない。

(ヴィクトリカが死んでいたのなら、お腹の子供が唯一の王位継承者だった。けれど、嫡子のヴィクトリカが生きている限り、婚外子は王位継承権を得られないわ……)

 ガイゼフとの間に産まれた嫡子ヴィクトリカ。ベルゼフリートと作ってしまった不義の婚外子。女王から産まれた種違いの子供は、アルテナ王国の王座を奪い合う政敵なのだ。


<<前へ  次へ>>

【カテゴリー】

タグ:

【人気記事】