2024年 2月22日 木曜日

【美少女文庫】うちの魔女さまは世界唯一の最強エルフのくせに、セックスを知らない(フランス書院)

手島 史詞(著/文)トモゼロ(イラスト)発行:フランス書院文庫判 縦150mm 横105mm 288ページ定価 760円+税うちの魔女さまがセックスしたがる→どうする?世界最強にして...

【レビュー】姫騎士エレナ 背徳に染まる寝取られ母娘王室

二次元ドリームノベルズから2018年8月に発売された「姫騎士エレナ 背徳に染まる寝取られ母娘王室」(著:新居佑/挿絵:こうきくう)をレビューしてみようと思います。表紙の左側が女王オリヴィア、右側に...

【美少女文庫】北欧美少女ルナさんと一緒に暮らすことになって俺の性活がヤバイ。(フランス書院)

雨音 恵(著/文)Yuki-Unagi(イラスト)発行:フランス書院文庫判 縦150mm 横105mm 256ページ定価 760円+税私の処女と初恋……ナオ君、もらってくれますか?北...

【51話】アナル処女卒業(♥︎)

NOVEL亡国の女王セラフィーナ【51話】アナル処女卒業(♥︎)

 パイズリフェラを終えたセラフィーナは、口元に付着した精子を舐め取った。乱れた髪の毛を整える。食道にどろりとした粘性の精液が滞留する感覚が残っていた。

(たくさん出されたから、口内に精液の味が残ってる。ほろ苦さと絶妙な甘味。陛下は息子のリュートよりも年下なのにすごい精力……♥︎ 粘り気が強くて、飲み込んだ精液が胃の中に落ちていかない……♥︎)

「んぅっ♥︎ んぐぅっ♥︎」

 唾液を口内に溜め、一気に飲み込む。身重のセラフィーナは淫猥な音を喉で鳴らしながら、絡み付いた精液を唾液で洗い流した。

「飲み物がほしい? 持ってこさせようか?」

 ベルゼフリートが気遣ってくれた。言葉を発せなかったセラフィーナは、ゆっくりと首を横に振って断った。

「そっか。でも、無理しないでね。精液って口当たりに馴れてないと飲み込むのは難しいから」

 小さな褐色の手が、セラフィーナの白肌を撫で回す。

 ベッドで寝そべる幼い少年と熟れた美女。一糸纏わぬ姿で絡み合う幼帝と女王。体格や年齢が大きく離れていても、二人が男女の間柄にあると容易に分かる。

 ベルゼフリートの男根は勃起したままだ。挿入を心待ちにしているセラフィーナの女陰は、愛液でびしょ濡れだった。

「お心遣いありがとうございます」

「本当に心配するべき人は、他にいるんだけどね〜」

 寝室にヴァネッサの姿はなかった。セラフィーナの許しを得たヴァネッサは、ロレンシアを苗床化するために同族の女官を連れて出払っていた。

「セラフィーナが思っている以上に、ロレンシアは酷い目に遭っているよ。たった一人の従者をヴァネッサに委ねてしまって、本当によかったの?」

 ベルゼフリートは、ショゴス族の生態をよく知っている。ヴァネッサの苗床調教の壮絶さ。その結果、ロレンシアの身に何が起こるかを知っていた。

 ヴァネッサは複数人の苗床を養っている。ベルゼフリートは定期的に種付けを求められ、苗床たちはヴァネッサの子供を代理出産させられていた。

「苗床になれば、ヴァネッサの庇護を得られるから、悪いことばかりじゃないけどさ。ショゴス族が何から何まで面倒を見てくれるからね」

 完全な合意のもとで苗床となり、ショゴス族の代理出産を行っている母胎たちもいる。そういう者達はショゴス族に手厚く保護される。

「改造された肉体は元に戻らない。一生涯、ロレンシアは孕み腹で過ごすことになる。ずっと妊娠しているようなものだから、騎士としては終わりだよ。身重の身体だ。二度と戦えなくなる」

「陛下の過去を知るためですわ。ロレンシアには覚悟を決めて同行してもらっています。どんな苦難があろうと、私のために尽くしてくれる。あの子はそう誓ってくれましたわ」

 セラフィーナは奥歯に舌先を回し、口内に残っていた精液を完食する。

「全てアルテナ王国のためですわ。私たちには、もう選択の余地がありません」

「難しい事情は分からないけど、セラフィーナが崖っぷちにいるのは僕でも分かるよ。セラフィーナにとっては大切な自分の祖国だもんね」

 外出許可を貰うための条件。そのうちの一つはロレンシアを捧げてクリアできた。

 もう一つの条件、〈朱燕の乙女貝〉は所有権を手放すだけで済む。

(ロレンシアには本当に申し訳ないと思うわ。だけど、女官総長ヴァネッサの協力を得るためには仕方がなかった。そして、残る条件はたった一つ……)

 最後の関門。それは王妃の後ろ盾を得ること。何らかの問題が起こったとき、尻拭いをしてくれる後援者を用意しなければならない。

 人脈のないセラフィーナには無理難題と思える条件だ。けれど、セラフィーナの頭は今までにないほど冴えていた。

(私の身体だろうと心だろうと……、使える手段は何でも使っていくわ。大切なモノを失ってしまったけれど、その代わりに得た切り札が私にはあるのだから……)

 セラフィーナは下腹部に両手を添える。小さく盛り上がった腹部。膨張を始めた胎内に宿るのは、皇帝との姦通で生じた不義の結晶。

 子供を産むのは女の武器だ。どれほど不名誉な経緯であれ、メガラニカ皇帝とアルテナ王家の血を引く子供を産めるのだ。

「陛下と私は、秘密の契りを結んでおりますわ。陛下のご助力を得るために、私は陛下の願いを叶える。私は祖国を守るために、全力を尽くすつもりですわ」

「念押しされるまでもないよ。僕は自分自身の過去を知るために。セラフィーナは自分の国を守るために動けばいい」

「私と陛下は実権を持たないお飾りの存在ですわ。ですから、お互いに秘密を守らなければいけません」

「うん。それは同感だ。ウィルヘルミナは、僕の過去を隠蔽してるっぽいし、邪魔してくる人はたくさんいる。こんな企みをしてるとバレたら、すぐ潰されちゃうよ」

「私と陛下の会話は、絶対に秘密でなければいけませんわ。重ねて確認いたしますが、そこに控えている女官は信頼できるのですか? 私たちの会話を絶対に漏らさない。そう信じてよろしいのですね?」

 セラフィーナは指で示す。人差し指の先にいるのは、寝室の片隅に座っている存在感のない地味な女官だった。

「女官総長や皇后が命じようと、彼女は秘密を漏らさない」

「口が堅そうなのは、雰囲気で分かりますわ」

「拷問をされたって秘密は守る。〈沈黙の誓い〉を立てているからね。彼女は皇帝にしか秘密を明かせない。そういう縛りがかかってるんだ」

 いかなる勢力にも情報を流さない。自信満々の口調でベルゼフリートは断言した。

 〈沈黙の誓い〉を立て、皇帝の秘密を隠す守り人。

 数ある女官職でも際立って特殊な位置づけだった。

「普段は置物みたいなものだけど、僕の身に危険が迫ったときに限って彼女は動く。職位は警務女官だから、ハスキーに及ばないだろうけど、セラフィーナくらいは簡単に制圧できるよ」

「今さら陛下を襲ったりはしません。私が気にしているのは、企みの漏洩を防げるかですわ」

「心配性だね。メガラニカ帝国の皇帝が保証するよ」

 その言葉を聞いてセラフィーナは安心する。

 今後、今まで以上に危険な会話をベルゼフリートと交わしていくのだ。女官の口から秘密が漏れれば、身の破滅を招く。

「そもそもさ、女官を完全に追い出せるのは、特権持ちの皇后くらいなんだよ。今回の特例措置はヴァネッサが見せた最大限の譲歩。ちゃんと信用してあげなよ」

 セラフィーナはヴァネッサに対し、寝室に女官を入れないでほしいと頼んだ。しかし、警備の都合上、皇帝から護衛は外せない。

 そこで妥協案として示された特例措置が、〈沈黙の誓い〉を立てた警務女官を置くことだった。

「あの女官とは、面白そうだから何度かセックスしてるんだけど、処女を散らしたときでさえ無表情を崩さなかった。僕はまだ名前すら聞いてないんだ。僕と二人きりなら自由に何でも話せるのにね」

「そこまで徹底していると、作り物の人形みたいですわ。感情の起伏が一切ないのなら、ちょっと不気味に思えます」

「感情がないわけじゃないよ。最近になって気付いたけど、キスすると顔が真っ赤になるんだ。面白いからちょっと見ててね」

 ベルゼフリートは鉄面皮の警務女官に接吻する。唇を重ねて、舌を絡ませ合う。すると、女官の頬は紅潮し、目が泳ぎ始める。

「ね? 熟したトマトみたいに真っ赤かでしょ? オマンコにオチンポを突っ込まれても無反応なのに、僕とのキスは興奮しちゃうみたい。ずっとキス攻撃をしたら、いつかは言葉を喋ってくれるのかな? どんな声をしているか気になるんだよね〜」

 接吻をされて、あからさまに動揺する女官の姿は愛くるしい。けれど、セラフィーナが気にしているのは、密談ができる環境を整えることだった。

 女官とイチャつくベルゼフリートに冷たげな口調で言う。

「分かりましたわ。もう十分です。陛下が仰る通り、その女官から秘密が漏れる心配はなさそうです」

「これまで通り、オッパイを使って内緒話するのも悪くなかったけどね」

 これまでセラフィーナはベルゼフリートを胸の谷間に沈め、乳房を防音壁に使いながら小声で密談していた。

「陛下と内密の会話ができる環境が整ったのなら、苦労せずにご助力を求められますわ」

 ヴァネッサから引き出せた最大限の譲歩。セラフィーナは1対1で皇帝と話す機会を得た。

「——じゃあ、そろそろ本番やる?」

 ベルゼフリートは勃起した陰茎を見せつける。夫のものより遥かに立派な男根。血管が浮き上がった極太の男性器は、馬のペニスとよく似ていた。

「準備はできてるんでしょ。僕のオチンポでセラフィーナのアナル処女を散らしてあげる」

「……その……痛いのは……。痛いのは苦手ですわ⋯⋯」

「痛いのが得意な人は稀なんじゃない? あっはははっ! 怖いの? セラフィーナ? 大丈夫だって、そんなに乱暴はしないよ? バックでセックスするから四つ這いになって。ちゃんと気持ちよくしてあげるよー♪」

 妊娠祝いのご褒美を受け取るため、セラフィーナはベッドの上で這いつくばり、四つ足の体勢となった。真っ白な巨尻をベルゼフリートに差し出し、肛門をヒクつかせる。

 勃起した男根が、尻の谷間に挟まる。ベルゼフリートのチンポで何度も膣穴は突かれてきた。しかし、アナルを掘られるのは初体験となる。

「頭をもっと下げて。両腕も折りたたんでいいよ。背をへこませて、お尻を上に突き出す感じ。そうそう。服従する犬みたいになるの。この格好が挿入しやすい体位だからちゃんと覚えてね」

 セラフィーナは幼少のベルゼフリートに完全屈服し、無防備な痴態を晒していた。

「お腹には僕達の赤ちゃんがいるから、気持ち悪くなったら我慢せずに教えて」

「はい……。あぁっ……んぃっ……♥︎」

 死んだ息子よりも幼い皇帝に孕まされた。下腹の重みを感じる度、懐妊の事実を突きつけられる。

 そして今宵、セラフィーナはベルゼフリートにアナル処女を捧げ、さらなる不貞を積み上げる。

「はぁっ♥︎ あん……っ♥︎ はぁ……んぃ……♥︎」

 亀頭が尻穴に侵入する。肛門括約筋が押し広げられ、直腸へと押し入る。膣壁の背面が圧迫され、今まで感じたことがない新たな快楽を味わう。

(うそっ……まだ先っちょしか入ってないのに、こんなに気持ち良いなんて……っ……♥︎ ガイゼフなんかとは比べものにならない! 陛下の極太のオチンポが来ちゃう……っ♥︎)

 シーツを噛み締め、セラフィーナは喘ぎ声を殺そうとする。

(だめっ、だめぇっ♥︎ もっと優しくしてくれないとぉ……お尻の穴が……びくびくって痙攣しちゃうっ……♥︎)

 ベルゼフリートは、少しずつセラフィーナのアナルを攻略していく。焦らすように、じわじわと入り込む。快楽に酔い痴れるセラフィーナは、甘い吐息を吐きながら、小刻みに身体を震わせた。

「んぁっ! そんなっ! そんなところまで入ったらぁっ♥︎ だめですわぁっ♥︎ 陛下っ♥︎ これ以上は入らなっ⋯⋯んぁあっ! んぃ、だめっ♥︎ んぁっ、おっ奥にぃぃにぃ♥︎ んぁぁあっあっぁあああ……♥︎」

「オチンポの根元までぜーんぶ入れちゃった。アナル処女、ごちそうさま。初物だからオマンコよりも締まりがいいよ」

「んひぃっ♥︎ あぁっ♥︎ おかしくなっちゃぁうぁあっ♥︎ 動かさないでっ……! お尻が壊れちゃあっ♥︎ んぃいあっああっああぁぁぁぁーーっ♥︎」

 セラフィーナは絶頂の嬌声を上げる。脈動するベルゼフリートの男根から、精液が直腸内に送り込まれる。通常のセックスとは異なる強すぎる性的刺激に酔いながら、極上の快楽を堪能する。

「アナルも僕のオチンポ専用穴に開発してあげるね。僕のオチンポじゃないとイケない身体にしちゃうから。セックスのときは、国なんか忘れて僕だけを想ってね」

「んぃっ♥︎ んぎぃひぃ♥︎ んぁっ♥︎ あんっ、んはぁん〜♥︎」

 巨尻を支えられなくなったセラフィーナは、ベッドに倒れ伏す。うつ伏せとなり、無防備な尻穴を極太陰茎が攻め立てる。

(あっ♥︎ こんなの始めてっ♥︎ んぁあぁっ♥︎ アナルセックスが気持ちよすぎてっ、変になるぅゅ♥︎ こっ、こんなの誰も教えてくれなったぁ……んぃ♥︎ アナルきもちぃい♥︎ 子宮の裏が、ぶっとい亀頭でくすぐられる……っ♥︎ あんんっ♥︎ んああんっあ♥︎ あっあ……♥︎ またっ、中に出されちゃってるぅっ……♥︎)

 腰の振り下ろしは次第に激しさを増していき、パンパンッと大きな肉音が響く。荒い呼吸のベルゼフリートは、汗だくになりながら、セラフィーナのデカ尻に向けて、ひたすら股間を打ち込んだ。

 セラフィーナの甲高い喘ぎ声は、寝室の扉を越えて、黄葉離宮に廊下に響く。ちょうどその頃、ロレンシアはショゴス達の生殖触手に陵辱され、肉体改造を施されていたが、今のセラフィーナに臣下の身を按ずる余裕などなかった。

 新たに与えられた性的な悦楽に順応し、孕み腹であることを忘れて、アナルセックスの虜になっていた。

 ベルゼフリートはセラフィーナの腸内で三度の射精を遂げ、体力を使い尽くした。拡がった肛門から陰茎を引き抜く。屈服させたセラフィーナの不様な痴態を満足そうに見下ろした。

「旦那さんに早く教えてあげたいな。セラフィーナは、アナルセックスでイキ狂ってる淫猥な女だって。僕とのセックスが大好きなんでしょ」

 ベルゼフリートは尻肉を鷲掴みにする。持参してきた尻尾プラグをセラフィーナの尻穴に突き刺し、精液が溢れ出来ないように栓をした。

「この尻尾プラグは妊娠祝いのプレゼント。サキュバスの特別製なんだ。腸内の精液が消化されるまで、お尻から外れないようになってる特別仕様。快楽を感じると犬みたいに尻尾がフリフリするんだよ。あっははははっ! 獣人みたいで、とっても可愛いよ! お小遣いで買ってよかった!」

 尻を揉まれるセラフィーナは、飼い主から餌をもらった犬のように尻尾を振る。その姿を無邪気に笑うベルゼフリート。しかし、幼い少年には一つの誤算があった。

 成熟しきった雌の性欲には底がない。大人と子供には絶対的な体力の差がある。たとえベルゼフリートが常日頃からセックスをしている性豪だとしても、やはり13才の子供である事実は揺らがない。

「あぁ♥︎ んぁ♥︎ 陛下ぁ♥︎」

 ゆっくりと上半身を起き上がったセラフィーナは、ベルゼフリートの両肩を掴んだ。控えている警務女官は動かない。沈黙を維持している。それは、先ほど接吻で恥を掻かされた意趣返しにも思えた。

「えっ……? まだ、やる気なの……?」

 押し倒されたベルゼフリートは、一転して捕食される立場となった。犬の尻尾は左右に大きく動いている。それはセラフィーナの興奮の高まりを示していた。

「お腹に子供がいるんだし無茶したらダメだよ……?」

 セラフィーナはベルゼフリートの男根に女陰を擦り付ける。膣穴に亀頭を押しつけ、強引に結合させた。自らの欲望を満足させるために下腹部に力を込め、包み込んだ陰茎を締め上げる。

「んあぁ♥︎ それでしたら、陛下には私を孕ませた責任を取っていただかないと困りますわぁ♥︎」

 女王たるセラフィーナには、祖国を守るという免罪符がある。もはや不義密通だろうと手段の一つと割り切っている。お腹に宿る赤子だけではない。セックスに溺れつつある自分さえも、年下の少年を籠絡するための道具として利用する。

 覚悟を完了させたセラフィーナに、かつての面影はない。

 アナル処女を失った今宵、陰謀の渦巻く後宮で生き抜くための第一歩を踏み出した。

「——私の妊娠オマンコをお捧げいたしますわ。ベルゼフリート陛下♥︎」

 亡国の女王は豊満な乳房を揺らし、組み敷いた幼帝から性を貪る。夜が明けるまで、寝室からは男女の喘ぎ声が聞こえていた。


<<前へ  次へ>>

【CATEGORY】

TAG:

【人気記事】Most Popular Articles