2024年 4月19日 金曜日

【美少女文庫】俺の妹が最高のオカズだった クールな彼女がHのときだけデレる理由(フランス書院)

風見 源一郎(著/文)HIMA(イラスト)発行:フランス書院文庫判 縦150mm 横105mm 320ページ定価 800円+税お兄ちゃんって──どうしようもないシスコンだね。妹物のエ...

【美少女文庫】北欧美少女ルナさんと一緒に暮らすことになって俺の性活がヤバイ。(フランス書院)

雨音 恵(著/文)Yuki-Unagi(イラスト)発行:フランス書院文庫判 縦150mm 横105mm 256ページ定価 760円+税私の処女と初恋……ナオ君、もらってくれますか?北...

【美少女文庫】新米教師の舞衣さんと始める同棲生活(フランス書院)

雨音 恵(著/文)ぎうにう(イラスト)発行:フランス書院文庫判 縦150mm 横105mm 240ページ定価 760円+税#エロ度糖度300% #初恋お姉さんと激甘同棲生活父、突然の...

【30話】2人の愛妾

 

 査問会の終了後、セラフィーナは黄葉離宮にユイファンを招いた。

 ユイファン・ドラクロワの容姿は二十代前半。彼女も女仙化してから身体の成長が止まり、年齢を気にしなくなったという。

「宰相派は強大な権力を持っている。しかし、権力者に実力を伴っているかは別なんだ。戦争継続を訴えてきた主戦派は、少数派たる軍務省が提示した講和条約を受け入れた。実際に戦場で戦っているのは軍務省だ。声は大きいけど、あちらに軍権はないのさ」

 ユイファンはセラフィーナに帝国の内情を説明する。

「今回の査問会は宰相派の嫌がらせみたいなものだ。のらりくらりと図太く躱していけばいい。ラヴァンドラ王妃はけして良識派と呼べる人物ではない。だけど、それなりに風聞を気にするタイプと聞く」

 ユイファンは差し出された紅茶に角砂糖を大量投下する。常識外の量を溶け込ませ、甘党のセラフィーナさえも顔を引きつらせた。

「私は甘党でね。心配は無用だよ。私たち女仙は不老不病だ。私が女仙でなかったのなら、三十路を越える前に身体を壊していただろうね。皇帝陛下に感謝だ」

 カップに口を付ける。ユイファンが飲む液体は、砂糖の入った紅茶というより、紅茶が溶けた砂糖汁だ。甘いものが好きなんてレベルではなかった。

「ユイファンさんは私と同じ愛妾なのですか?」

「今のところ、愛妾は私とセラフィーナ女王だけだ。貴女は私と違って王妃となる可能性がある御方だ。勅命の執行力は未だに有効。婚儀を受け入れれば、反発はあろうと王妃となれるはず」

「今のところ、そのつもりはありませんわ」

「それなら、今後の心変わりに期待するとしようかな」

「こういうことをお聞きするのは、失礼にあたるのかもしれませんが、ユイファンさんはどのような経緯で愛妾となられたのですか?」

「私が愛妾となっている理由? うーん。一言で説明するのなら偶然によるものかな」

「偶然でなれるものなのですか……?」

「私は領地を持たない貴族の一人娘でね。それも困窮した挙げ句、財を成した商人に身売りした名ばかり貴族の出身だった。父は裕福な商人、母は貧乏貴族。由緒ある家柄ではなかった」

 平民ではないが、真の帝国貴族とも呼べない。中途半端なドラクロア家の娘として生まれたユイファンは、帝国軍の士官学校に入学させられたという。

 入学時の成績は最下位に近く、入学試験に通ったのは、父親が持参した寄付金のおかげだった。

 在学時の成績は褒められたものではなかった。当人にやる気がなかったのが主な原因だ。しかし、仮に本気で取り組んでいたとしても落第寸前の成績だったろうと、ユイファンは士官学校時代を振り返る。

「軍は性に合わなくてね。しかし、どういうわけか、士官学校を卒業した後、武功を挙げて、愛妾となった。そのときに准将まで昇進した気がする……。昇進なんて望んでいなかったのだけどね。少将となったのはついだ」

 ユイファンはどのような武勲を立てたか説明しなかった。最近の出来事で、武功を挙げる機会があったとするなら、それは間違いなくアルテナ王国との戦争だ。

「私の長所は少ない。顔立ちが整っているのが唯一の長所だった。だけどね、美女ばかりが住む天空城アースガルズでは、何ら自慢にならない。その点、セラフィーナ女王様は素晴らしい。異性の視線を釘付けにする見目麗しいお身体だ。家柄だって、文句の付けようがない真の王族。私の如き凡庸な女には愛妾程度がふさわしい」

「⋯⋯私の容姿は生まれつきです。家柄にしてもそうです」

「まあ、普通はそうでしょうね」

「ユイファンさんは偶然と言われましたが、少将の地位をご自身の実力で得たのです。それに対して私は……、いつだって与えられるばかり⋯⋯。自慢できるようなことは、一つとしてありませんわ」

 与えられ続けた結果、全てを奪われた。それが今のセラフィーナだった。

「私はアルテナ王国の平和を願っています。今の私が守るべきものは祖国だけですわ」

「軍務省と利害が一致しているよ。メガラニカ帝国の戦争継続能力は限界に達しつつある。民力休養の時期だ。アルテナ王国との和平は維持したい」

「軍務省ならアルテナ王国の存続を保障してくれるでしょうか?」

「緩衝国としての役割を期待している。この時期にバルカサロ王国との全面戦争は避けたい。アルテナ王国を併合すれば、バルカサロ王国との国境線で軍事衝突が起こる。そうなれば……」

「また、戦争が始まってしまう……」

「その通り。泥沼の戦争。終わりのない復讐合戦だ」

 セラフィーナは苦悩する。ユイファンの言葉が事実であれば、むしろアルテナ王国が形勢逆転を狙える好機だ。

(再び戦争となれば沢山の人達が死んでしまう。けれど、バルカサロ王国を引き込んで、メガラニカ帝国を国土から追い払えば……)

 アルテナ王国とバルカサロ王国の同盟軍が勝利し、メガラニカ帝国にセラフィーナ女王の身柄引き渡しを要求する。夢物語に近いが、セラフィーナが自由になる数少ない道だ。

 敗戦責任を負ったセラフィーナ女王とガイゼフ王は表舞台から消え去り、娘のヴィクトリカ王女に王位を譲る。

(メガラニカ帝国は本土を主戦場にはしたくないはず。敗色濃厚となれば、私を手放してくれるのではないかしら?)

 戦争を誘発する。それは最悪の考えだ。以前のセラフィーナであれば、自己嫌悪に陥り、忌避したであろう選択肢。しかし、追い詰められたセラフィーナは、無自覚ではあるものの君主の冷酷さを備えつつあった。

 あえて戦争を煽るのも手段の一つだとセラフィーナは思い至る。ここで重要となるのは、戦争を起こしたとき、メガラニカ帝国に勝てるのかだ。

(帝国軍はバルカサロ王国との全面戦争は避けようとしている。けれど……勝てないとまでは思っていないのかしら? そうだとしたら……。いっ、痛……っ!)

 熟考をしていたセラフィーナは下腹部を擦る。

「ッ⋯⋯! んぅ⋯⋯!」

 天空城アースガルズに移住してから悩まされている子宮の鈍痛。セラフィーナは普段の生理痛と異なる独特な痛痒に悩まされていた。

「大丈夫かい……? お腹が痛むのかな?」

「月事の先触れですわ。ご心配には及びません。住む環境が大きく変わったせいか、身体の調子が乱れているようですわ」

 子宮から生じる痛みは、セラフィーナを安堵させた。生理が訪れるのなら、まだベルゼフリートの子を宿していない証だ。

(昨晩も下着に経血が付いていましたわ。沢山の子胤を注がれてしまったけれど、私はまだ妊娠していない。創造主様は私の願いを叶えてくださっているのかもしれないわ。このまま妊娠しなければ……)

 当人の期待に反し、セラフィーナはベルゼフリートの子供を妊娠していた。

 生理痛に似た鈍痛の正体は、受精卵が子宮内膜に着床した際の痛み。膣部からの出血もは着床出血であり、一番最初に現れた懐胎の兆しだった。


<<前へ  次へ>>

【カテゴリー】

タグ:

【人気記事】