2024年 4月19日 金曜日

【美少女文庫】エルフに淫紋を付ける本 シルファの快楽堕ち冒険譚(フランス書院)

山口 陽(著/文)にの子(著/文)にの子(イラスト)発行:フランス書院文庫判 縦150mm 横105mm 288ページ定価 760円+税公式サイトエルフの秘宝が取引されて...

【美少女文庫】うちの魔女さまは世界唯一の最強エルフのくせに、セックスを知らない(フランス書院)

手島 史詞(著/文)トモゼロ(イラスト)発行:フランス書院文庫判 縦150mm 横105mm 288ページ定価 760円+税うちの魔女さまがセックスしたがる→どうする?世界最強にして...

【美少女文庫】北欧美少女ルナさんと一緒に暮らすことになって俺の性活がヤバイ。(フランス書院)

雨音 恵(著/文)Yuki-Unagi(イラスト)発行:フランス書院文庫判 縦150mm 横105mm 256ページ定価 760円+税私の処女と初恋……ナオ君、もらってくれますか?北...

【111話】破滅の足音(♥︎)

NOVEL亡国の女王セラフィーナ【111話】破滅の足音(♥︎)

 ――セラフィーナが公安総局に拘束される約二週間前。

 ロレンシアは帝都アヴァタールに帰還した。時を同じくして、ベルゼフリートもグラシエル大宮殿に降り立った。

 ロレンシアとベルゼフリートの密会は、ユイファンの手引きで行われた。三皇后が決定を下し、軍務省参謀本部と公安総局の連携体制は整った。

 宰相府、軍務省、大神殿。三勢力が結集している。メガラニカ帝国の総意に歯向かう者はいない。セラフィーナの破滅は着々と近づいていた。

 アルテナ王国の女王と王女を帝国に差し出したロレンシアは、ベルゼフリートからの褒美を賜っている。真の忠誠を示し、ベルゼフリートの奉仕女であることを行動で証明した。

「あんっ♥︎ んんぁ♥︎ あぁっ♥︎ 愛しておりますっ♥︎ 誰よりもっ♥︎ 陛下にっ、一生をお捧げいたしました♥︎ 陛下ぁ♥︎ 陛下あぁっ~♥︎」

 開脚した両足をV字に上げ、ロレンシアは猛る極太オチンポを迎え入れる。背中を預けるのは、グラシエル大宮殿でもっとも豪奢な寝床だ。

 メガラニカ帝国の最盛期を築いた永大帝が、自ら家具の設計と装飾したと伝えられる寝室。大宰相ガルネットを喜ばせるために、豪華絢爛な造りとなっている。

 グラシエル大宮殿の建設には巨額の国費が投じられた。怒り心頭のガルネットは拘束具と鞭を用意させた。土下座する栄大帝を寝室に閉じ込め、言い訳を捲し立てる放蕩者に愛の鞭を振るった。

 そういう事情で拘束具と鞭が、部屋の片隅に飾られている。だが、逸話の内容は長い年月で失われた。

 栄大帝のお仕置き道具セットは、魔除けの一種と勘違いされ、仰々しく祭り上げられていた。

「んっ! んぅっ!! イヤらしい身体になったね。ロレンシア。オッパイもお腹も大きくてふわふわしてる⋯⋯っ! 

「お会いする日を心待ちにしておりましたぁ♥︎ はなばなれで寂しかったのぉ⋯⋯っ♥︎ 陛下が恋しくて毎晩、自分を慰めておりましたぁっ♥︎」

 通常は皇帝と皇后だけが使用できる特別な場所である。

 今回は特別に三皇后の許しを得て、ロレンシアとのセックス部屋にしている。

「僕をオカズにしてたんだ? じゃあ、たっぷり可愛がってあげる! ロレンシアの妊娠オマンコっ! 僕だけのモノにしてやるっ!!」

「んなぁっ♥︎ はいっ♥︎ 私は陛下のモノになりますぅっ♥︎ 私を愛してくださる陛下にっ♥︎ なにもかもっ♥︎ 私は捧げたのですっ♥︎ 愛してくださいっ♥︎ 陛下の⋯⋯愛を私にください♥︎」

「ロレンシアは甘えたがりだね。んっ! んぅっ! そろそろ出すっ! 赤ちゃんびっくりしちゃうっ? いいよね? 出すからっ! ロレンシアのオマンコにぶちまけてやるっ!!」

「お注ぎくださいっ♥︎ オチンポ汁♥︎ 陛下の皇胤♥︎ 父親と母親が愛し合っているのですものぉっ♥︎ あんぁっ♥︎ んぁ♥︎ 赤ちゃんは喜びますわ♥︎ あぅう⋯⋯♥︎ 出てるっ♥︎ 陛下の熱い精子っ♥︎ 私の奥に溶けてる⋯⋯っ!!」

「んっ~! はぁ⋯⋯! んんっ! ロレンシア!!」

「陛下ぁあぁ~~ッ♥︎」

 突き出た孕み腹が弾む。射精の間、ロレンシアとベルゼフリートは密着した体勢で、小刻みに身体を震わせた。長旅のご褒美を授ける。

(大きて立派な妊婦腹。オッパイも成長してる。すごいサイズ。昔のロレンシアとは別人だ。外見だけじゃなくて、中身も⋯⋯。今のロレンシアは僕も好き。だって、僕が好きになってるんだもん)

 過去に夫がいようと関係ない。今のロレンシアはベルゼフリートを愛している。背の低い未熟な幼帝に夢中だった。

 その昔、幼馴染みのレンソンと愛し合い、子を宿した胎はベルゼフリートが奪った。堕胎させられた子宮で、祖国を攻めた皇帝の赤児が育っている。

「あぁ⋯⋯♥︎ 陛下⋯⋯♥︎」

「ありがとね。ロレンシア。僕のために頑張ってくれて。ロレンシアが尽くしてくれた分、僕はちゃんとご褒美をあげる」

 射精を終えたベルゼフリートは、ロレンシアの超乳をしゃぶる。母の味を堪能する。静脈の浮き出た乳房を指圧し、乳腺に堪ったミルクを絞り出す。

「はぁはぁ♥︎ ありがとうございます⋯⋯♥︎」

 授乳する傍ら、ロレンシアは手で男根を絞る。愛液で濡れた肉棒を握り、扱きながら上下に振る。

「ロレンシアこそ、ありがとう。僕らの計画に加担してくれるんでしょ? セラフィーナとヴィクトリカを切り捨てるのは辛いだろうに。ごめんね」

「陛下を愛していますから⋯⋯♥︎」

 その一言でロレンシアは、どんな犠牲だろうと払えた。たとえ過去の自分に罵られようと、後戻るする気にはなれない。ベルゼフリートの後宮ハーレムで一生を捧げると心に決めた。

「それに、まだ希望はありますわ。三皇后は私に慈悲をくださった。セラフィーナ様に機会を与えてくださると思います」

 ロレンシアは秘密の内容を誰にも語らないつもりだった。幼い皇帝が傷つく姿をみたくなかった。だが、既にセラフィーナから忌まわしき過去の真実を暴露されていた。

(陛下はお強い。あんな過去を知っていてもなお⋯⋯)

 家族への恋慕は吹っ切れていた。普通の両親がいれば、話は違ったかもしれない。だが、ベルゼフリートの母親と父親は救済手段がなかった。

 魂が失せた屍の母子相姦。無理に永眠させようとすれば、災禍が起きてしまう。

「ロレンシアっ、ちょっと、んっ⋯⋯あぁっ⋯⋯!」

「あら? 出てしまいました? 我慢なさらず、そのまま孕み腹にかけてください♥︎」

 手扱きで暴発し、精液が飛び散った。丸々としたボテ腹に白濁液を塗りたくる。栗花の匂いが生肌に染みていった。

「あちゃー。もう⋯⋯。ちょっとは加減してよね。この後の予定。ロレンシアだって知らないわけじゃないでしょ? 口封じで冒険者を女仙にするんだよ」

 ロレンシアが雇った女冒険者は五人いる。

 エルフ族のララノア――冒険歴三桁の熟練者、死恐帝世代の生き残り。救国の英雄とも面識があり、冒険者パーティーをまとめ上げる頭目だ。

 女僧侶のテレーズ――熱心な皇帝崇拝者。過激な教義ゆえに大神殿からは監視対象となっている。信仰する宗派はともかく、神術の技量は超一流。

 アマゾネス族のルイナとアリスティーネ――屈強な女戦士。鋼の肉鎧を纏う美しい筋肉娘。優秀な子を産みたいと婿捜し中。

 狐族の獣人エルフィン――氏族の借金を返済する苦労人。斥候を務め、冒険業で稼いだ報酬を家に入れている。金に困っているのを目に付けられ、軍務省に買収された。現在は参謀本部のスパイを兼ねている。

「最初に誰を呼びましょうか?」

「うーん。一番オッパイが大きいのは? バストサイズの順番にしようかな」

「全員が同じくらいのサイズですね」

「オッパイ。小さい?」

 ベルゼフリートはロレンシアの超乳を優しく抓む。柔肉が実ったムチムチの乳房。日常生活に支障を与える重みのデカパイ。湧き出る乳汁はたった一人の少年だけに捧げられる。

「大きいですよ。今の私やセラフィーナ様ほどではありませんが、巨乳だと思います」

「今のロレンシアは大きいもんね。こんな大きなオッパイを抱えてたら、危険な冒険業なんてできないだろうしさ。美女って噂は聞いてる。抱き心地が愉しみ。全員の揉み心地を比べちゃおうかな」

 巨乳揃いと聞いて、ベルゼフリートは笑みを作った。

「あぁ♥︎ 陛下⋯⋯♥︎ 間違いなく彼女達は陛下に屈服いたします。だって、偉大な陛下のオチンポに勝てる女など、この世にはおりませんわ♥︎」

「僕ら側の話が通ってるのはエルフィンって娘だよね。たぶん、その子にユイファンとのセックス見られちゃったんだよなぁ⋯⋯」

「見られて恥ずかしいのですか?」

「恥ずかしいよ。外の人だもん。女官や側女とは違うし」

 ベルゼフリートは羞恥心で顔を赤らめる。宮廷内の女仙だったら身内だ。しかし、赤の他人に見られていたと思うと途轍もなく恥ずかしかった。

「ロレンシアを護衛していた冒険者パーティーの美女達に、僕が一目惚れ。五人全員を抱いて胤付け。そんで女仙に召し上げる。後宮入りが決まった女冒険者達は冒険業から引退。天空城アースガルズで幸せな一生を過ごしましたとさ」

「――という筋書きなのですね?」

「うん。そういう筋書き。冒険者が抵抗したときはハスキーとユリアナ、警務女官に手伝ってもらうしかない。なるべく手荒な手段は使わずに済ませたい。でも、いざという時は分かってるよね。ハスキー?」

 ベルゼフリートは控える警務女官達に言葉を向ける。

「精鋭を集めております。一級冒険者であれば問題なく瞬殺できます」

「殺しちゃは駄目でしょ。ちゃんと手加減してね」

「生け捕りに関してはユリアナの異能スキルがあります。ご安心ください。陛下」


<<前へ  次へ>>

【カテゴリー】

タグ:

【人気記事】