2024年 2月22日 木曜日

【パラダイム出版】新刊2023年6月16日

レーベルタイトル著者イラスト原作ぷちぱら文庫ラブカフェ 童貞な俺でも、巨乳女先輩と同棲できるってマジですか?望月JETぺいevoLLオトナ文庫エロキャス! ~実況! 淫乱保健医~藤枝卓也吉野恵子ガー...

【美少女文庫】宝クジで当たった十億円を困っていたオジサンにあげたら金髪清楚なお嬢様が婚約者になりました。(フランス書院)

Y.A(著/文)小森 くづゆ(イラスト)発行:フランス書院文庫判 縦150mm 横105mm 304ページ定価 800円+税エリカさんとのエッチの価値は――¥1,000,000,000...

【美少女文庫】アネハメ 姉の最強魔眼に魅入られて(フランス書院)

懺悔(著/文)へいろー(イラスト)発行:フランス書院文庫判 縦150mm 横105mm 272ページ定価 760円+税姉弟でイこう! 弟の赤ちゃんなら産んでやるぞ!怪異を祓う魔術師の...

【感想】実写『ゴールデンカムイ』 期待が裏切られることない出来栄え!

BLOG【感想】実写『ゴールデンカムイ』 期待が裏切られることない出...

 ――これから北海道は戦場になる!

 恐る恐る実写『ゴールデンカムイ』を見てきましたが、かなり良い感じでした! 映画館の音響によるものですが「二〇三高地の戦い」などは迫力があり、大河などでありがちなチンケな合戦ではなかったです。戦闘シーンは盛ってあましたね。あとゴールデンカムイって集英社だったのを思い出しました。なぜか講談社だと勘違いしてた⋯⋯。

 確かに所々で気になる点はありましたが、これ以上を望むのは酷かなと思います。かなり原作に寄り添っていて、改変箇所も「テンポを考えたらそれでいい! それがベスト!」って印象です。

 CGも頑張っていました。狼や熊などは予想以上の完成度で「邦画でもこのレベルまで作れるんだ」と上から目線で失礼ですが、感心した次第です。興醒めにはならない水準です。

 一つだけ気になったのは、やはり衣装ですね。ここがもっと完璧だったら良かったのですが⋯⋯。あとはアシリパさんがやっぱり大きい。

 「子供扱いするな!」ってアシリパさんが言っていましたが、あそこまで育っているとさすがに子供扱いは無理ですな。むしろ「女性だから置いていこう。危険な目には遭わせられん(-_-)」って感じになる。

アシリパ役の山田杏奈さん(23歳)

 「女の子」ではなく「女性」なんですよね。子役を使うと成長に左右されてしまうので、キャストに山田杏奈(23歳)を起用したのだと思いますが、杉元や白石が抱えたりできる小柄な感じではないです。幼少期のアシリパを演じた浅田芭路(10歳)のほうが合ってた気がします。

 ただ、ゴールデンカムイは子役にこなせるか微妙。下ネタもあるわけで⋯⋯。あと杉元がガチのロリコンになりかねない。

 ここが実写とアニメ・漫画の違いかなと思います。全編を映画化するとなれば、拘束時間も長くなるので子役が学校に行けなかったりしますしね。(ハリポタみたいに教師も雇うなんてことになってしまう)。

 

【CATEGORY】

TAG:

【人気記事】Most Popular Articles