2024年 4月19日 金曜日

【美少女文庫】私、美少年ご主人様の性処理(ドスケベ)メイドにされちゃいました(フランス書院)

水龍 敬(著/文)水龍 敬(イラスト)発行:フランス書院文庫判 縦150mm 横105mm 240ページ定価 760円+税性処理契約した私、ドスケベメイドに堕ちました!私が仕えるシャ...

【美少女文庫】優等生綾香のウラオモテ 文化祭で、バイト先で、いっぱいエッチ!(フランス書院)

上原 りょう(著/文)ひさま くまこ(著/文)ひさま くまこ(イラスト)発行:フランス書院文庫判 縦150mm 横105mm 272ページ定価 760円+税優等生な綾香とエッチなアヤカ、どっ...

【美少女文庫】破滅フラグしかない悪役令嬢は土下座M奴隷没落をご所望です。(フランス書院)

鷹羽 シン(著/文)ぴず(イラスト)発行:フランス書院文庫判 縦150mm 横105mm 256ページ定価 760円+税土下座ハメ乞いドМエンドなんてありえませんわ!わたくし、イセリ...

TAG: ハーレム

【146話】悪業の魔女レヴェチェリナ

 メガラニカ帝国には遺棄された城砦が数多く存在する。 そのほとんどは死恐帝時代に使われた緊急時の避難所だった。しかし、救国の英雄アレキサンダーが死恐帝を鎮め、新帝ベルゼフリートが即位し、平和...

【145話】侵入の方法(♥︎)

 金緑后宮の奥室で甘い母乳の香りが漂っている。 風呂上がりの女体は熱が籠もっていた。激しく愛し合いながらの長風呂だった。 うっすらと生肌に汗が滲む。今のメガラニカ帝国は真冬だが、これ...

【144話】ハスキーとアレキサンダー公爵家

「陛下を襲った敵の正体は判明したのですか?」 ロレンシアは本題に切り込んだ。自爆した女を目撃したのは三人。一人はベルゼフリート。もう一人はユリアナ。しかし、実際に交戦したハスキー以上に敵を知...

【143話】お見舞いの使者

  皇帝から遣わされた使者という身分で、ロレンシアはハスキーの私室に向かっている。ハスキーは先般の皇帝誘拐拉致未遂事件で起きた爆発に巻き込まれて負傷し、療養中の身だった。 通行証代わりに持た...

【142話】愛妾のお務め(♥︎)

 三皇后は天空城アースガルズの地上臨検を正式決定し、女官総長ヴァネッサに浮遊島の降下を命じた。 天空城アースガルズの着陸に向けた動力炉の調整作業が進められる中、評議会ではベルゼフリートの仮住...

【141話】凶臣の拝謁

  ――皇帝ベルゼフリートの誘拐。 異常事態を真っ先に察知し、侵入者の存在に気付いたのは、近くにいるユリアナでも、離れた場所から見守るハスキーでもなく、標的となっている当人であった。...

【140話】幼帝誘拐未遂事件

「不味いことになったのう。陛下のご様子はどうなのじゃ?」「元気にしている。侵入者に催淫香を嗅がされたらしく、興奮気味のようだ。軍閥派の女仙に夜伽をさせている。陛下が無事だったから良かったもの...

【139話】女官メイドの寡黙な一日〈夕暮れ〉

  ベルゼフリートは城下市場をぶらついていた。下級女官用の食堂で朝食兼昼食を済ませ、お忍びの帝城視察を満喫している。「よろしいのですか⋯⋯。不快な思いをするかもしれませんよ?」...

【138話】女官メイドの寡黙な一日〈午後〉

  帝城ペンタグラムは皇帝ベルゼフリートの居城であり、多くの女官が暮らす本拠である。下層には天空城アースガルズの炉心機関部がある。浮遊島の全エネルギーを担う動力炉、低層雲からの淡水抽出、上下...

【137話】女官メイドの寡黙な一日〈お昼休み〉

 「ユリアナ先輩! 今日、一日! よろしくね!」「⋯⋯⋯⋯」 女官が寝起きする私室は相部屋が基本である。 役職付きの上級女官は希望すれば、専用の個室が与えられる。軍隊...

Follow ME

- R18 ADVERTISEMENT -

ホームタグハーレム